FC2ブログ
Google ブログ内を検索 WWW を検索

アダルトDVDのアラスジ

【PR】

INFO

18歳未満閲覧禁止

当ブログはアダルトDVDを紹介、及びレビューをするブログです。アダルトコンテンツを含みます。したがって、年齢が18歳未満の方は閲覧を御遠慮くださるようお願い致します。

Yahoo! JAPAN
≪ お知らせ ≫

08-01-21
直リン対策をしました。ダウンロードページへと進みたい方は、JavaScriptをON、セキュリティーソフトをOFFにしてください。



「ご意見・ご要望」、または、掲載記事等に関して問題があれば、コメント欄のほうへご報告をお願い致します。(管理人:siryuより)


お知らせ

2011年2月27日の更新を最後とさせて頂きます。以降の更新は無い予定です。


ネットに強いクレジットカードといえば楽天カード。楽天市場ではいつでもポイント2倍!

ブログ内検索

タイトルは通常検索、女優名はタグ検索すると便利かも

タグs

アダルトグッズ

  • 580 円
    「安心と信頼」を形にしたオリジナルローション。業界初の製造年月日が刻印されたローションは、製造から最低でも1ヶ月以内、目標2週間以内の新鮮な状態でお届け。

  • 1,460 円
    まったりと刺激をそれぞれ表現した、なんともありそうでなかった感のあるコンパクトホール。オーソドックスでいて個性も放ち、パコンパコンと亀頭を二段階で刺激する先端ドームのバキュームは明確でくっきりとした刺激。

  • 13,000円
    人気AV女優・吉崎直緒のヴァギナとアナルを完全移植!奇跡の肉厚2穴ホール!!

  • 2,050 円
    太ももがついたことで性具としての実用性が増し、正上位・後背位ともにリアルな使用感を楽しんでいただけるエアダッチ。

アダルトグッズのネットショップ「NLS」。
アダルトグッズのネットショップ | NLS
安心と信頼、そして適正な価格。品揃えと安さのバランスが良く、また、商品の感想コメントが多いのも特徴で、購入の参考に役立ちます。

管理人のお気に入りは、
アストログライド(ローション:乾きにくいのが最高!!)
@15(ホール:バキューム力最高!!)
名器の品格(ホール:挿入感がリアル!!)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

リンク

■レビュー系
■画像系
■動画系
■それ以外

更新されていないサイト、及び、アクセス数が0のサイトは削除させて頂いております。

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ ハイパー×ギリギリモザイク ものすごい顔射 吉沢明歩 レビュー
  • 品番: oned969
  • 発売日: 2008/05/07
  • 収録時間: 120分
  • 出演者: 吉沢明歩
  • メーカー: エスワン ナンバーワンスタイル
  • レーベル: S1 NO.1 STYLE
  • 清楚な美顔にドロッドロッの熱いザーメンを直撃させる!四つん這い手コキ&尻舐め&高速手コキ→顔面を覆いつくすザーメン、マン屁連発する激しいSEX→ものすごい一撃顔射、串刺し激ピストンFUCK→連続大量顔射など、全編いまだかつてない‘ものすごい大量顔射’です!!
5点 ★★★★★ 可愛い。でも整いすぎ?
スタイル 4点 ★★★★ 細身で美乳。色白
エロ度 3点 ★★★☆☆ 通常よりは凄い顔射ですが、このシリーズにしては控えめ
お勧め度 3点 ★★★☆☆ この女優の顔射を見たい人にはストライク。

■ impression

一発大量のザーメンを女優の顔に直撃させてみよう、という作品です。

もちろん見所は顔射。大量のザーメンが女優の顔にかかっています。 綺麗な顔がドロドロのデロデロになり、「汚す感覚」と「征服感」とを同時に味わえました。スッキリとした感覚も多分に憶えました。 この点に関してはエロ度もインパクトも強かったです。 さらには、発射したザーメンがほとんどが外れることなく顔にかかっていたのも高評価のポイントになります。 ただし・・・・・。

「会心の顔射」といった感じではありませんでした。・・・というのも、顔射に対する女優のリアクションがほとんど無く、女優は最初から最後まで演技を続けていて、喜んでもいなければ嫌がってもいないのです。 そのため、女優の素の反応を楽しむといったことが出来ず、この点に関してはいささがガッカリしました。 また、ザーメン量は多いものの、飛びや勢いに関してはそれほどでもなく、顔射シーンが過去のシリーズほどド迫力といったわけでもありませんでした。 顔射シーンにのみコダワるようなマニアの方ですと、少々物足りなく感じるかもしれません。

プレーや絡みに関しては、相変わらず、微妙な演技をしていまして、大根ではないものの違和感を感じる演技や性反応が目立っていました。 まあそれでも、形はシッカリとしている小じっかりなセックスショーでして、高値安定といった感じではありました。



■ 顔射はインパクト大。絡みはいつもどおり

では、内容を。

絡みは3回。

1回戦は、男優が主にリードする絡み。チンポの抜き差しがハッキリ。
2回戦は、男優がリードする絡み。前半はネットリ・ネチネチ。後半はノーマル。
3回戦は、男優がリードする3Pセックス。お仕事感が強く、予定調和で台本調。

○ フェラ

ピストンスロートフェラ。 咥え方はチンポの中ほどまで。ストロークは長め。 バキューム力は強め。 動きは、前後ピストンに裏スジ舐め、金玉バキューム。 チュパ音は小レベル。ジュボジュボ。

舐め技は丁寧。咥えても密着感のあるコッテリとしたジュボジュボフェラで、エロ度は高いです。 ただ、今作ではフェラシーンの時間が短く、あまり見せ場にはなっていません。 それと、どのシーンでもカメラ目線が中途半端でして、どうもスッキリとしませんでした。 もっとハッキリとしたプレー、演出にして欲しかったです。

○ 性反応

「ア~ン、ア~ン、ウ~ン、気持ちイイ!」
「アン、アン、ウン、ウン」
喘ぎ声は、泣き声混じりの絶叫。 喘ぎ方は、泣きじゃくるような表情で声を発するタイプ。 声量は中レベル。 セリフは少々。演じるキャラによってセリフの内容がまったく違う。 身悶えは無し。

演じるキャラによって性反応が変わります。 我慢しているかのようなときもあれば積極的に絶叫することもあります。 そのため、演技臭くて不自然さを感じます。 ワザとらしいわけでもないし大根というわけでもありませんが、演技臭くてリアリティーがあまりありません。 また、性反応のテンションとセックスの調子が合っていないことも多く、やはり微妙に不自然です。 気になる人は気になるでしょうし、気にならない人は気にならないものなのでしょう。

○ 絡み

絡み・セックススタンスは「男優が責め、女優が受け」といった形でした。

特徴は、女優が演技臭いこと。 大根でもありませんし、ワザとらしいというわけでもないのですが、最初から最後まで同じテンションで演技を続けているために、絡みが少々不自然に見えてしまいます。 そのため、形のシッカリとしている小じっかりなセックスショーであるにもかかわらず、迫真さや迫力、爆発力といったものに欠けており、どうにも突き抜ける感じがしません。 予定調和で台本通りに進行している安定したセックスショー・・・、ではあるのですが、インパクトがありません。

ただ、しっかりとした形にはなっていますので、安心感・安定感はあります。良く言えば、高値安定。悪く言えば、演技やエロの幅が狭くマンネリなセックスショーといことです。

○ 顔射

たっぷりの大量ザーメンが女優の顔にかかっていました。 ドロドロのデロデロで、汚している感覚、征服している感覚を多分に味わえました。 ザーメンのほとんどが顔にかかっていたのも高評価できるポイントになります。今作では飛びすぎるだとか外れるといったケースは、ほとんどありませんでした。

ただ、女優のリアクションがほとんど無かったのには結構ガッカリしました。 女優が最初から最後まで演技を続けているので、顔射をされても喜びも嫌がりもしません。 この点に関してはガッカリ、かつ、拍子抜けでした。

また、ザーメンは大量だったものの、飛びや勢いといった点では過去作ほどのインパクトが無く、プレーとしての迫力、見た目としての迫力、インパクトは落ちてしまうかもしれません。 よって、顔射行為のみを見たいマニアの方ですと、やや物足りないものかもしれません。



■ ファンならばとても楽しめると思います

では、総括。

大量のザーメンが女優の顔に直撃しており、汚す感覚、征服する感覚、スッキリとする感覚を多分に味わえました。 女優の顔が綺麗であるということが、それらの感覚を増幅させる要因にもなったのでしょう。 そういった点では高評価できる作品です。インパクトはありました。

ただ、女優のリアクションがほとんど無いというのはいただけません。 喜ぶなり嫌がるなり笑ってしまうなり、なにかしらのリアクションが欲しかったです。 女優は最初から最後まで演技を続けているので、プレーにおけるリアリティーや迫真さが無くなってしまい、この点は残念でした。

プレーや絡みは、いつものごとく微妙に演技臭いものの、しかっりとはしているので、良く言えば高値安定。 見飽きていない限り、抜けるレベルのものではあると思います。

というわけで・・・・・。

この女優のファンで、かつ、強力な顔射シーンを見てみたかったというユーザーは見てください。 ただの顔射マニアの方は吟味してから見てください。 一方、この女優にも顔射にも興味の無い方はスルーで。

以上です。

[内容]
1、オナニー


相互オナニーという設定。
主観映像。

指オナ>ローターオナ>指オナ(相互オナニー)>顔射(大量)>濃厚お掃除フェラ

女優がカメラに向かって話しかけながらのプレー。
セリフは棒読みではないが不自然。キャラとセリフがあっていない。「もっと見て~、もっとシゴいて~」という淫乱っぽいセリフが多い。
指オナはクリトリスを優しくローリングするタイプ。ローターオナはクリトリスに軽く当てるだけ。
喘ぎ声を出しているが、動作と合っていないので、演技に見えてしまう。大根ではないのだが不自然さがある。
顔射は大量。濃厚ザーメンがすべて顔にかかっている。これはなかなかの迫力、インパクト。ただ、女優が嬉しそうな様子ではない。最後まで演技といったことろか。
最後のお掃除フェラは濃厚でコッテリ。これはさすが。

プレーはしっかりとしているし、見せ場もちゃんとある。不自然な演技さえ気にならなければ十分魅力。

2、セックス


クンニ>フェラ>挿入
立ちバック>背面騎乗位>騎乗位>正常位>顔射(やや多め)>お掃除フェラ

前戯:
男優がリード&責め。リードも責めもネットリとしていて親父的。
女優のほうは演技くさい対応を見せる。別に大根というわけではないのだが、セリフと動作の調子がかけ離れていて自然には見えない。
アナルもオマ○コもモザイクが小さいのでよく見える。小さなモザイクも今となってはセールスポイント。

本番:
男優が主にリードする絡み。動きはスパートをかけたりゆっくりだったりと抑揚がある。
騎乗位は上下に大きく身体を動かすタイプで、チンポの出し入れがハッキリと見えるのはエロい。
特徴はチンポのストローク動作が長いこと。チンポの抜き差しがハッキリと見え、映像的なインパクトがある。
顔射は、大量のザーメンがすべて顔にかかっておりなかなかの迫力。お掃除フェラもコッテリとしていてグッド。ただ、女優は嬉しそうな様子ではなく、最後まで演技といった感じ。

男優よりも女優のほうがセックスの見せ方を知っているようで、女優が積極的に動くシーンのほうが扇情的。
しかし、最後まで演技を押し通してしまっている感じなので、迫真さや爆発的なエロさはなく、会心のセックスといった感じではない。高値安定ではあるが突き抜けない感じで、この女優の絡みを見慣れている人にはもどかしいかもしれない。
顔射は映像的な見所にはなっているが、欲を言えば、女優のリアクションがもっと欲しいところ。

3、フェラ


主観映像。

フェラ>顔射(やや多め)>お掃除フェラ

一応、女優は淫乱キャラを演じているようで、チンポやザーメンを欲しがる態度を見せている。
けど、様子や仕草とあっていないので不自然な演技に見える。
顔射はザーメン量が多いものの、飛びが悪く、インパクトはそれほどでも。「女優の顔にザーメンをこぼしている」といった感じの顔射。
最後のコッテリとしたお掃除フェラはエロい。

4、セックス(男優:花岡ジッタ)


クンニ>指マン>フェラ>69>挿入
後背位>立ちバック>背面騎乗位>騎乗位>正常位>顔射>お掃除フェラ

前戯:
男優がリード&責め。責めはネチネチとしていて親父っぽい。リードは御主人様と肉奴隷といった感じで、ちょっと強制っぽい。
女優はMキャラを演じている。ただし、相変わらず様子とセリフが微妙に乖離していて、演技はちょっと不自然。
進行のテンポがスローなので、ネチネチ感が強く表れている。

女優が「もっと舐めてください」「はい、嬉しいです」などと言っているが、苦しそうな表情ばかりを見せるのでMキャラとしてのリアリティーはない。あくまでも演技、中途半端な演技といった感じ。

本番:
男優がリードする絡み。前半はゆっくりとチンポを出し入れして女優を嬲るよう。ネットリ・ネチネチ感がとてもある。後半はノーマル。
女優は「もっと虐めてください」「お尻を叩いてください」とMキャラを演じている。マンペも数回聞こえるし、スパンキングもあり。進行のテンポが遅いのも特徴。
ただ、総じて単調なセックスであり、テンションにも動きにも抑揚が無く平坦。
顔射のザーメン量は普通レベルで、ちょっと期待ハズレ。
お掃除フェラはコッテリとしていてエロい。

見所はMキャラを演じている女優。
ただ、女優はMキャラを演じるのが苦手なようで不自然。しかも、演技に幅が無く、それが単調で平坦な絡みの原因になってしまっている。絡みが盛り上がっていない。

5、手コキ&フェラ


手コキ>フェラ>手コキ>顔射(普通量)>お掃除フェラ

女優がM男優を優しく責める、といった感じかな。
M男優がナヨナヨとしていてオカマみたいな声を出し、これが面白い。でも、エロくは見えないよ。
顔射のザーメン量も飛びも普通レベルで、拍子抜け。

6、3Pセックス(男優:沢木和也、他)


電マ責め>指マン>クンニ+フェラ>電マ責め+指マン>挿入
後背位>背面騎乗位>正常位>顔射(やや多め)>お掃除フェラ
正常位>顔射(やや多め)>お掃除フェラ

前戯:
男優がリード&責め。最初は少々乱暴なふりをするが、すぐにお仕事的に。責めは単調。
女優は余裕のある気取った淫乱女キャラを演じようとしているが、演じきれていない。反応や動作にキレがなく、中途半端。結局は見所のハッキリとしないノーマルの絡み・プレーに。

本番:
男優がリードする3Pセックス。激しさは普通レベル。
女優は演技くさい反応。大根ではないが、どこか微妙に違和感を感じる。
特に見せ場や見所はないが、形や見せ方はしっかりとしていて、悪く言うと、お仕事感のある台本調のセックスショー。予定調和な展開と進行ということです。良く言えば、安心してみていられるということ。
顔射は、ザーメン量はやや多めだが、ちょっと多いという程度なので、このシリーズにしては少ない部類かな。女優は相変わらず最後まで演技を続けていて、顔射によるリアクションは無し。
リンクさせていただきました
はじめまして。「AV女優の喘ぎ声」のzabuzaと申します。
大変充実したレビューですね。
私もレビュー的なものを書いておりますが、
まだまだで、参考にさせていただくこともあるかと思います。
今回、相互リンクとRSSをお願いしたく
コメントさせていただきました。
こちらからはリンクとRSSを登録させていただいています。
お時間のある時にご検討いただければと思います。
ではよろしくお願い致します。

2008/10/09(木) 22:13:58 | URL | zabuza #-[ 編集]

コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://avreview2.blog38.fc2.com/tb.php/606-1effec9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

管理人の注目作

3月19日発売!
S1 No1style
3月13日発売!
ムーディーズ
3月7日発売!
S1 No1style
3月1日発売!
ムーディーズ
3月1日発売!
アイデアポケット
2月19日発売!
S1 No1style
2月13日発売!
ムーディーズ
2月7日発売!
S1 No1style
2月1日発売!
ムーディーズ
2月1日発売!
アイデアポケット
1月19日発売!
S1 No1style
1月13日発売!
ムーディーズ
1月7日発売!
S1 No1style
1月1日発売!
ムーディーズ
1月1日発売!
アイデアポケット

管理人の注目作2

3月11 25日発売!
マックスエー
3月4日発売!
hmp
2月11 25日発売!
アリスJAPAN
2月11 25日発売!
マックスエー
2月1日発売!
hmp
1月14 28日発売!
アリスJAPAN
1月14 28日発売!
マックスエー
1月1日発売!
hmp
12月10,24日発売!
アリスJAPAN

ここにフッター
[, ]
レンタルCGI アクセスランキング
リンク用バナー画像_blogランキング アダルトブログランキング【エログなブログ】 アダルト検索一発サーチ 人気ブログ検索 - ブログフリーク ブログ ランキングナビ

AVアダルトDVDレビュー

AVアダルトDVDレビュー

AVアダルトDVDレビュー

AVアダルトDVDレビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。