FC2ブログ
Google ブログ内を検索 WWW を検索

アダルトDVDのアラスジ

【PR】

INFO

18歳未満閲覧禁止

当ブログはアダルトDVDを紹介、及びレビューをするブログです。アダルトコンテンツを含みます。したがって、年齢が18歳未満の方は閲覧を御遠慮くださるようお願い致します。

Yahoo! JAPAN
≪ お知らせ ≫

08-01-21
直リン対策をしました。ダウンロードページへと進みたい方は、JavaScriptをON、セキュリティーソフトをOFFにしてください。



「ご意見・ご要望」、または、掲載記事等に関して問題があれば、コメント欄のほうへご報告をお願い致します。(管理人:siryuより)


お知らせ

2011年2月27日の更新を最後とさせて頂きます。以降の更新は無い予定です。


ネットに強いクレジットカードといえば楽天カード。楽天市場ではいつでもポイント2倍!

ブログ内検索

タイトルは通常検索、女優名はタグ検索すると便利かも

タグs

アダルトグッズ

  • 580 円
    「安心と信頼」を形にしたオリジナルローション。業界初の製造年月日が刻印されたローションは、製造から最低でも1ヶ月以内、目標2週間以内の新鮮な状態でお届け。

  • 1,460 円
    まったりと刺激をそれぞれ表現した、なんともありそうでなかった感のあるコンパクトホール。オーソドックスでいて個性も放ち、パコンパコンと亀頭を二段階で刺激する先端ドームのバキュームは明確でくっきりとした刺激。

  • 13,000円
    人気AV女優・吉崎直緒のヴァギナとアナルを完全移植!奇跡の肉厚2穴ホール!!

  • 2,050 円
    太ももがついたことで性具としての実用性が増し、正上位・後背位ともにリアルな使用感を楽しんでいただけるエアダッチ。

アダルトグッズのネットショップ「NLS」。
アダルトグッズのネットショップ | NLS
安心と信頼、そして適正な価格。品揃えと安さのバランスが良く、また、商品の感想コメントが多いのも特徴で、購入の参考に役立ちます。

管理人のお気に入りは、
アストログライド(ローション:乾きにくいのが最高!!)
@15(ホール:バキューム力最高!!)
名器の品格(ホール:挿入感がリアル!!)

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アクセスランキング

リンク

■レビュー系
■画像系
■動画系
■それ以外

更新されていないサイト、及び、アクセス数が0のサイトは削除させて頂いております。

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ 高校痴女教師 明日花キララ レビュー
  • 品番: hodv20546
  • 収録時間: 120分
  • 出演者: 明日花キララ
  • メーカー: h.m.p
  • レーベル: h.m.p
  • 発売日: 2009/01/21
  • キララちゃんに責められたいキミ!!『オールお姉さま口調』でドS満開!!キララちゃんを汚したいキミ!!『オール顔射フィニッシュ』で満足満足!全編甘えん坊痴女仕様!!
4点 ★★★★ キャバクラ顔。美形ギャルだけど整形っぽい
スタイル 5点 ★★★★★ 美巨乳グラマー。サイボーグっぽいけど
エロ度 2点 ★★☆☆☆ 教師に見えないし
お勧め度 2点 ★★☆☆☆ 設定と女優が合ってない

■ impression

女教師ものの作品です。

・・・・・が、女優の役柄・設定が女教師というだけであって、女教師”らしさ”はありません。 メークも下着もノリもキャバクラ嬢のようでして、お堅い様子や雰囲気は皆無。 また、痴女に関しても実際はオネダリばかりしている甘えん坊のギャルといった感じで、絡みつくような攻撃性や痴態は見えませんでした。

端的に言い表せば、安っぽいイメクラレベルのキャラ設定・シチュエーション設定・プレー内容だったということです。 (女優は噴出し笑いをしすぎ)。

したがいまして、背徳感や「憧れの(年上の)先生と・・・」といった興奮要素は無く、面白くてバカっぽい印象しか残りませんでした。

プレーやセックスに関しては、女優がリードすることがほとんどでしたが、これがチマチマとしていて、とてもまどろっこしく、テンポが悪かったです。 また、女優が教師、男優が生徒という設定ながら、実際のプレーは男優が下手に出ているだけなので、年上のお姉さんが率先してグイグイと引っ張ってゆくような展開にはならず、オネダリしている甘えん坊のキャバクラギャルに、物分りの良い青年が応えているだけ、といった関係に見えました。 女教師には見えませんでした。

よって、「女教師」や「痴女」を期待していたユーザーですと、ガッカリするか笑ってしまうかのどちらかだと思います。

他の特筆点としましては、ほとんどが主観映像によるプレーであったこと。 それと、ナース服やブルマ姿でのプレーがあり、半ばコスプレ作品だったこと。



■ 笑いすぎ、ふざけすぎ

では、内容を。

絡みは4回。

1回戦は、女優がリードする絡み。後半は男優がガンガンと動く。
2回戦は、女優がリードする絡み。保健体育の授業という設定。
3回戦は、女優がリードする絡み。女教師が生徒にちょっかいを出すという設定。
4回戦は、男優がリードする3Pセックス。男優が面白すぎて噴出し笑いしまくり。

○ フェラ

ピストンスロートフェラ。 咥え方はチンポの中ほどまで。ストロークは短め。 バキューム力は強め。 動きは前後ピストンに金玉舐め、金玉バキューム。 チュパ音はほとんど無し。

絡みつくようなネットリとした動きが特徴のエロ~いフェラです。コッテリとしていて濃厚です。 ただ、フェラシーンの時間が短いので、あまり見せ場にはなっていません。

一方で、お掃除フェラも濃厚で見応えがありました。 チンポの中に残ったザーメンを吸い出し、すべてを搾り取るかのようなお掃除フェラで、コッテリとしていてエロかったです。

○ 性反応

「ハァァァ~ン!!、アァァァ~ン!!」
「アァハッ!!、アァッ!、もっといっぱいしてッ!!」
喘ぎ声はやや泣き声混じり。 喘ぎ方は絶叫とまではいかないものの絶叫に近い感じ。 声量は中レベル。 セリフはほとんど無し。 身悶えは無し。

”感じまくりの喘ぎまくり”ではありますが、以前ほどの派手さや爆発力はありません。 以前と比べると大人しくなりました。 まあ、それでもAV女優の平均レベルからすれば、かなりの喘ぎっぷりです。

○ 絡み

ほとんど「女優がリード、男優が奉仕」といった形での絡みでした。 激しさは普通レベル。

気になったのは、女優のリードがチマチマとしていて、まどっろこしいこと。 セックスのテンポが悪く、退屈感を覚えました。 また、女優はオネダリばかりをする甘えん坊キャラでして、女教師ゆえの男子生徒に対する優位性といったものはまったく無く、常に「してもらっている」というスタンス。これには、違和感を感じました。 女優がリードしているにも関わらず、女優側の立場が強いわけではなく、生徒に「してもらっている」という様子や雰囲気です。 よって、女優が女教師には見えませんでした。

結局のところ、女優にはリードをするだけの力量が無かったということです。

絡みの出来自体は、イマイチ。 女優の演技が中途半端で、女優が噴出し笑いをしていることもシバシバあり、真摯さや真剣さが感じられませんでした。 イメクラ風と言いますか、お遊び感覚と言いますか、ライト感覚なセックスショーでした。



■ 女教師には見えないし

では、総括。

女教師もののAV作品です。・・・が、女優が女教師には見えず、どちらかといえばちょっとワガママでオネダリばかりをしているキャバクラギャル・・・のようでして、背徳感や「憧れの先生と・・・」といった魅力は感じられませんでした。 役柄や設定が女教師というだけで、それらしい様子や雰囲気は一切ありません。

つまり、イメクラレベルのキャラ設定・シチュ設定だったということです。

また、これにならってプレーやセックスもイメクラレベルの中途半端さでして、女教師たる魅力は見受けられませんでした。 女優がリードしている形ではあるものの、実際は生徒役の男優が下手に出ているだけで、女教師がグイグイと引っ張ったり”優しく教えてあげる”といったことはなく、オネダリしているギャルに物分りの良い青年が応えているだけの関係・セックスにしか見えませんでした。

したがいまして、「女教師」や「痴女」を期待していたユーザーですとガッカリすると思います。

というわけで・・・・・。

基本的にはスルーするべき作品だと思います。 どうしてもこの作品が気になる、見てみたいというユーザーのみが見てください。

以上です。

[内容]
1、フェラ&パイズリ


女優:英語女教師、男優:生徒。
主観映像。

演技はやや大根。テンションやセリフに抑揚が少なく、棒に近い。それに、ときどき噴出し笑いもしている。AVならば、辛うじて普通というくらいの演技レベル。
女教師の役柄ではあるが、それらしく見えるのは洋服だけ。メークや喋り方・下着はそれらしくない。むしろキャバクラ嬢に近い印象。ノリもキャバクラ嬢。

問題の出来ない生徒にお仕置きと称して・・・・・。

脚コキ>フェラ>パイズリ>フェラ>顔射(大量)>お掃除フェラ

前戯:
女優がリード&責め。リードはチンタラ。

女優のリードがチンタラとしているので、テンポが悪い。女教師の方が優位であるはずなのに優位に見えない。そのため、年下のキャバクラ嬢が奉仕しているような様子。
ラストの顔射はザーメン量が大量なので映像的なインパクトはあったが、驚いた女優が素に戻って笑ってしまっているので陵辱感は無し。

2、セックス(男優;森林原人)


体育の補習授業。女優は何故かブルマ姿。
キャバクラ嬢がブルマを着ているのは・・・・・。魅力と言えば魅力なのかな。
ノリが女教師ではなくキャバクラ嬢。
元キャバクラ嬢の風俗嬢とイメクラで遊んでいる感じ。背徳感や憧れの先生なんていう青臭さは無し。
主観映像。
男優は喋らない。

フェラ>指マン>潮噴き>挿入
騎乗位>立ちバック>正常位>顔射>濃厚お掃除フェラ

前戯:
女優がリード&責め(奉仕)。途中、生徒に奉仕することを要求。後半は男優がリード&奉仕。

理由もなく生徒のアナルを舐め始めて、楽しそうな様子で「おいしい、おいしい」と言う女優。女教師らしくない。ノリや雰囲気がキャバクラ嬢。
プレー自体は主観映像からくるエロさはある。
リードがチンタラとしているので、プレーのテンポが悪い。

本番:
序盤は女優がリード。動きはソフト。丁寧というわけではなくチマチマとしているだけ。
中盤以降は男優が責め。動きは激しめ。ガンガンと突きまくる。

女優のリードはえらくテンポが悪い。ヘタではないのだが、チマチマとしていてショーらしさや「見せる」という要素が弱い。
その後、激しく動く男優との対比は面白いが、教師と生徒という設定に意味がなくなってしまい、「おねだりするキャバクラ嬢と、それに応える屈強な男」という関係にしか見えない。
最後の丹念で濃厚なお掃除フェラはエロい。チンポを中々離さず「チンポが大好き」という感じが出ている。

3、指マン


理事長に補修授業がウマくいっていないことを注意・指導され、なぜかナース服を渡される。
そこで、生徒に保健体育の授業を教えることになる。
もう女教師ものではなくて、コスプレもの。ネイルも派手すぎて女教師に見えない。
主観映像。

指マン>潮噴き

前戯:
女優がリード。そのリードに従って男優が責め(奉仕)。チンタラ。
女教師が女体を教えるという設定。
潮噴きは大量。

進行がチンタラとしすぎていて退屈。
わざわざナース服にする理由が分からない。

4、セックス


3の続き。
ノリや演技がイメクラみたいで安っぽい。
ここは男優が喋る。

顔面騎乗クンニ>手コキ>フェラ>挿入
騎乗位>後背位>正常位>顔射>濃厚お掃除フェラ

前戯:
女優がリード&責め。生徒を弄ぶよう。

リードや進行はチンタラ。演技はイメクラのよう。
生徒を弄ぶようなプレーなのに、衣装がナース服なのは、ちと意味不明。教師ものの作品ではないのか?。

本番:
前半は女優がリード&責め。激しさは普通レベル。
後半は男優が責め。

チンタラ感はなくなったが、まだ勢いや派手さといったショーらしさに欠けている。
イメクラ嬢とお客さんが勢いでコッソリと本番行為をしちゃったという感じ。
後半は、どちらがリードしてるのだかすら分からず、キャラが無くなってしまっている。。

5、セックス(男優:小田切)


レポートを渡すために男子生徒が女教師の自宅にやってきた。女教師はその生徒にちょっかいを出し始めて・・・・。という筋書き。
ほぼ主観映像。
女教師の服も性格もノリもギャルで、教師に見えない。

フェラ>指マン>潮噴き>挿入
正常位>騎乗位>後背位>背面側位>正常位>顔射>濃厚お掃除フェラ

前戯:
女優がリードしている形ではあるが、実際は男優が下手に出ているだけ。進行はチンタラ。
女優は感じまくり。

チンタラとした進行で退屈。テンポが悪い。まどろっかしい。
先生と生徒というよりは、甘えん坊のオネダリギャルと、それに応える物分りに良い青年といった感じ。

本番:
男優がリード。激しさは普通レベル。
女優は感じまくり。

感じまくりだし、ちょっと甘えん坊だし、女教師に見えない。
それに、テンポがノソノソとしていて勢いが無いのも気になる。盛り上がり方が中途半端で、エロく見えない。
しつこいくらいの濃厚お掃除フェラはエロいけど。

6、3Pセックス(男優:志良玉弾吾、吉村卓)


補修テストで生徒が悪い点を取り、理事長(吉村)にナジられる女教師。
なぜか生徒と一緒に3Pをすることに・・・、という筋立て。
女優にシャブりついている吉村の難癖の付け方が面白すぎて、女優が噴出して笑ってしまっている。
生徒目線による主観映像。

電マ責め>失禁>フェラ>挿入
後背位>騎乗位>背面騎乗位>正常位>顔射>濃厚お掃除フェラ
正常位>顔射(大量)>お掃除フェラ

前戯:
男優がリード&責め。責めはネチネチ。シャブりつくよう。
女優は笑ってしまっていて・・・。

演技しているのは吉村だけで、女優も志良玉も噴出し笑いしまくり。

本番:
男優がリード。激しさは普通レベル。
女優は受身で感じまくり。

吉村はネチネチ。志良玉は吉村に言われたとおり動いているだけ。女優は犯られっ放し。
吉村が一人で喋り捲っていて目立ちすぎ。面白いけど。
◆ ギリモザ もっと激しく、激しく突いて 麻美ゆま レビュー
  • 品番: soe123
  • 収録時間: 120分
  • 出演者: 麻美ゆま
  • メーカー: エスワン ナンバーワンスタイル
  • レーベル: S1 NO.1 STYLE
  • 発売日: 2008/12/19
  • 「気持ち良すぎておかしくなっちゃうよ~」高速振動バイブで絶頂潮吹きをし、立体的体位でガン突きされ、ビクビク感じながら潮吹きの連続!マッハ3Pファックで徹底的に突かれまくり昇天するゆま!突けば突く程に感度も性欲も高くなり、貪るように男を求め続け絶頂する!
4点 ★★★★ 可愛い
スタイル 5点 ★★★★★ やや細身で爆乳
エロ度 4点 ★★★★ 積極的で貪り合うような様子
お勧め度 4点 ★★★★ 良く言えばハード。悪く言えば少々演技過剰気味

■ impression

タイトルどおりの内容でした。男優がガンガンと女優を突きまくり、女優もそれを求めるといったプレースタイルです。 キャラ設定・シチュ設定は無し。

作品の出来としましては、良かったほうだと思います。 セックスは激しいですし、女優も淫語を言いまくりで、エロさ十分。見応えは多分にありました。面白かったです。 ただし・・・・・。

演技や演出がちょっと古いです。

と言いますのも、男優も女優も少々無駄に過剰気味の演技をしていまして、様子や雰囲気が初期のS1作品のような様相。 昨今の標準的なAVの作風と比べますと、「時代遅れかなぁ・・・」といった印象です。

ですから、ユーザーの好みによって評価が極端に分かれてしまう作品だと思います。



■ やや古いタイプのハードセックス

では、内容を。

絡みは3回。

1回戦は、男優がリードする演技過剰気味の激しいセックス。
2回戦は、男優がリードするムシャぶりつく様なセックス。立体位が中心。
3回戦は、男優がリードする激しい3Pセックス。

○ フェラ

ピストンスロートフェラ。 咥え方は深め。ストロークは長め。 バキューム力はやや強め。 動きはヒネリを加えた前後ピストンがほとんど。 チュパ音は中レベル。ジュルジュルジュボジュボ。

パワフルな高速ピストンと喰らいつくような姿勢が特徴のフェラです。 強引にでもチンポを起たせようとする積極的な姿勢はインパクト大で、エロさ十分。 また、汁気タップリなチュパ音も卑猥で、金玉を手でマッサージしながらというのも個人的にはプラスポイントでした。

○ 性反応

「アッアッアッ・・・、アァッ~ダメェ~~ッ!、オマ○コ気持ちイイッ!」
喘ぎ方は泣き声混じりの声を発するタイプ。 声量は中レベル。 セリフは多め。
「そう!、もっと激しく!、激しいのが好きっ!!」
「オマ○コグチョグチョ!、もっと掻き回してっ!」
「これ、いっぱい当たるのッ!、気持ちイイのッ!」
「オチンチン、突き刺さってる!、凄いの来る!」
身悶えは無し。

性反応は大きめ。特徴はなんと言ってもセリフの多さになります。淫語を言いまくっています。 ただ、演技過剰気味なのでワザとらしく見えてしまう可能性も決して少なくは無く、ユーザーによって評価が分かれてしまうものでしょう。

見応えがあると判断するか、ワザとらしいと判断するかは微妙なところです。

○ 絡み

前戯こそ幾つかのタイプがありましたが、挿入後はみな同じスタイルです。 「男優がガンガンと突きまくり、女優がアンアンを喘ぐ」といったハードセックスでした。

動きは激しいですし、女優の性反応も大きいので、見応えは十分。 セックスショーらしいセックスショーだと言えるでしょう。

ただ、演技やセリフが過剰気味なので、見ようによってはワザとらしくも見えてしまい、合わないユーザーもいるかなと。 個人的にはS1初期によくあったハードセックスといった印象でした。



■ 演技過剰気味のハードセックスが好きならば

では、総括。

基本的な部分をハードにした単純なセックスショーです。 男優は女優をガンガンと突きまくり、女優はアンアンとアエギまくるといった激しいセックスでした。 乳揉みや女優の淫語が多かったのも特徴と言えるでしょう。 エロかったです。

ただ、演技が過剰気味でして、見ようによってはワザとらしく見えてしまいます。 特にセリフに関しては多すぎるくらいなので、ワザとらしさが鼻に付いてしまうようなユーザーですと合わない可能性もあるでしょう。

というわけで・・・・・。

やや演技過剰気味のハードセックスが好き、というユーザーにはお勧めします。 見てください。 ”ワザとらしいのはダメ”というユーザーは吟味してから判断してください。

以上です。

[内容]
1、セックス(男優:南佳也)


指マン>フェラ>パイズリ>挿入
正常位>騎乗位>背面騎乗位>背面側位>正常位>顔射>お掃除フェラ

前戯:
男優がリード&責め・・・だが、女優も積極的で、貪りあうような濃厚な前戯。ベロキスしまくり。乳、揉みまくり。指マンでオマ○コをグチュグチュと激しくかき混ぜる。
女優は感じまくり・・・かな。セリフが多い。

貪るような男優の責めと女優の過剰気味なセリフが目立つ前戯。
セリフはシラけるほどではないがちょっとワザとらしい。そのため、セリフが多いわりにはエロくならず、淫靡さや卑猥さが足りないのは引っかかる。安っぽく見えてしまう。
意図的にオマ○コを見せるような体位を駆使していることもあってリアルセックス感は少ない。
進行や男優女優の様子が”次はコレ、次はコレ”といった感じで予定調和、台本調。

本番:
男優がリード。動きは激しめ。
女優は感じまくり。

演技過剰気味でセリフの多い激しいセックスショー。
動きは激しいが小刻みなのでダイナミックには見えない。
セリフは多く、演技も過剰気味なのでリアルからはほど遠く、ちょっとワザとらしく見えてしまう。まあ、セルらしいセックスショーではある。
S1初期のセックスショーのよう。

2、道具責め(男優:南佳也)


バイブ責め>電マ責め>失禁?

責めは普通だが、女優は感じまくり。
反応過剰気味。演技かどうかは分からない。途中からはグッタリしてヘロヘロ。
「やめないでぇぇ!!、もっとぉぉ、もっとしてぇぇぇ!!」
「気持ち良すぎて分かんないよぉぉぉ!!」

3、セックス(男優;イエーイ高嶋)


クンニ>指マン>潮噴き>フェラ>挿入
騎乗位>駅弁>立体位>立ちバック>尻射>お掃除フェラ

前戯:
男優がリード&責め。下着をグイグイ引っ張ったり、揉みまくったり。責めは激しくしつこくムシャぶりつく感じ。 女優は積極的で感じまくり。セリフも多い。
「もっと揉んで!、もっと激しくしてっ!」
「オマ○コ、グチュグチュ言ってるぅぅぅ~~!!」

本番:
男優がリード。動きは激しめ。
騎乗位では女優がリード。積極的に腰を振ってチンポを出し入れ。
女優は感じまくり。セリフ多め。

演技過剰気味、セリフ過剰気味の激しいセックスショー。立体位が中心。
S1初期の頃にあったような、単純なハードセックスで男優さんが頑張っている。
見た目の派手さやセックスの勢いは十分。

4、オナニー


ローターオナ>張り型オナ

ローターを激しく出し入れ。張り型は積極的に腰を振っていてエロい。なかなかハードなオナニー。
淫語言いまくり。
「オマ○コからドロドロ漏れてきちゃう」
「クリトリス、勃起しちゃってる」

5、3Pセックス(男優:黒田将稔、清水健)


リモコンローターを装着したまま半裸状態で愛撫される女優。

指マン>クンニ>ローター責め>フェラ>挿入
後背位>側位>騎乗位>後背位>背面側位>正常位>顔射(ショボ)>お掃除フェラ
正常位>顔射>お掃除フェラ

前戯:
男優がリード&責め。
女優は感じまくり。セリフが多い。
「もっとクリトリス舐めて!、イク・・・、イクッイクッ!!」

動作は普通、女優の反応・セリフが過剰気味の前戯。ただ、男優の様子・態度がお仕事調なので、女優のセリフがいつにも増して浮いてしまっている。

本番:
男優がリード。動きは激しめ。女優も積極的にチンポをしゃぶったり、騎乗位では腰を振る。
女優は感じまくり。セリフが多い。
「もっとして!、もっと動いて!、ちょうだいオチンチン!」
「オチンチン擦れる。いっぱい!、幸せ!」

女優の過剰気味な演技・セリフが目立つ濃厚ハードセックス。
3Pだが、3人で絡むシーンは少なめ。交互に挿入するだけという感じ。

管理人の注目作

3月19日発売!
S1 No1style
3月13日発売!
ムーディーズ
3月7日発売!
S1 No1style
3月1日発売!
ムーディーズ
3月1日発売!
アイデアポケット
2月19日発売!
S1 No1style
2月13日発売!
ムーディーズ
2月7日発売!
S1 No1style
2月1日発売!
ムーディーズ
2月1日発売!
アイデアポケット
1月19日発売!
S1 No1style
1月13日発売!
ムーディーズ
1月7日発売!
S1 No1style
1月1日発売!
ムーディーズ
1月1日発売!
アイデアポケット

管理人の注目作2

3月11 25日発売!
マックスエー
3月4日発売!
hmp
2月11 25日発売!
アリスJAPAN
2月11 25日発売!
マックスエー
2月1日発売!
hmp
1月14 28日発売!
アリスJAPAN
1月14 28日発売!
マックスエー
1月1日発売!
hmp
12月10,24日発売!
アリスJAPAN

ここにフッター
[,]
レンタルCGI アクセスランキング
リンク用バナー画像_blogランキング アダルトブログランキング【エログなブログ】 アダルト検索一発サーチ 人気ブログ検索 - ブログフリーク ブログ ランキングナビ

AVアダルトDVDレビュー

AVアダルトDVDレビュー

AVアダルトDVDレビュー

AVアダルトDVDレビュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。